【最新情報】持続化補助金と持続化給付金の違い・申請方法・申請のコツまとめ【法人合計300万個人事業合計200万】

ビジネス

問い合わせが多いのでまとめることにしました。

昨日4/30の補正予算案の会議で正式決定した最新のものです。

申請のアドバイスなどは後述するサービスのご利用者のみとさせていただきますのでご了承ください。

ものすごくお問い合わせが多くて大変なのでご理解いただければと思います。

ですが概要などは誰でも読めるようにまとめました。

知らない人もいっぱいいるようで非常にもったいないのでぜひ読んでください。

補助金や助成金ってなに?

助成金とは

助成金は一定の条件を満たすことで必ず支給されるもので、返済の必要がないお金となっています。大きく分類すると、雇用関係の助成金と、研究開発型の助成金に分かれます。条件を満たしていれば複数の助成金を利用することが可能です。

補助金とは

期間内に応募して採択されたら支給されるもので、助成金と同様に返済義務がありません。期間内に応募しなければ補助金を受けることができず、応募のための書類や要件を満たしている必要があり、その中の審査対象として可否が決まります。期間内に応募したとしても審査を通らないと補助金を受けることができないのが特徴です。資金調達などの融資とは異なり、助成金も補助金も返済する必要がないという特徴があります。

https://www.biz.ne.jp/matome/2002137/より

現在いろんな情報が出てますが全部把握するのは実際には難しいところです。

それに申請にはそれぞれかなり手間がかかるのでいくつか当てはまりそうなものを見つけて絞ったほうが賢明です。

例えば雇用調整助成金という言葉もニュースで聞いたことがあるかと思いますが、あれにもいろいろ条件があり実際にあてはまる企業やお店ばかりではありません。

以下にまとめた助成金と補助金は基本的に誰でも申請と受給ができそうなものになります。

持続化給付金と持続化補助金

名前が似ていますが、この2つがおすすめです。

まずは違いを説明します。

【持続化給付金とは】

コロナで今回新しく出来た特別給付金の制度です。

どこかの月の売上が前年比で50%以上下がっていることが条件です。

こちらは個人事業主ももらえます。

【持続化補助金とは】

持続化補助金はコロナと関係なく以前からあるものですがあまり知られてないようなので、こちらの申請をオススメしております。

小規模事業者が対象なので個人の美容室とかフリーランス美容師とかも対象になります。

この補助金制度をつかうと一定期間内(半年間くらい。申請のタイミングにより変動)で販路開拓のために使った経費の3分の2を国が補助してくれます。

販路開拓とはわかりやすく言うと店の売上あげくためにやることです。

こちらは通常50万円が上限なのですが、今はコロナ特別枠というものができまして上限が100万円になりました。

特別な条件をかいつまんで書くとこのような感じになってます。

【売上前年同月比-20%で即支給】
【2/18までさかのぼってつかった経費を補助】
【非対面販売のためのホームページ作成、改良、店舗改装、チラシ、広告掲載が補助対象】
【MAX100万円が補助される】

さらに噛み砕いて言うと、【今コロナで大変な店舗のオンライン集客や販売の整備を国が補助しますよ!】っていうことです。

このPDFなど見てもらうとわかるように超絶見づらい上に表現が硬すぎて理解できません。

これはもはや日本語ではないです。逆に新言語。

以下僕なりの言葉で説明させてもらうとこのような感じになります。

絶対にオンライン化、ホームページ作成、時代に合わせてリニューアルはしてかないとまずいフェーズなんですが、それを国がMAX100万まで補助してくれるんですよ!

めっちゃありがとう政府!

しかも5月の企業向けの持続化給付金とは別です!

給付金ももらえるし、補助金ももらえるって事です。

鬼好条件だし、額もデカイし、なにより【即支給】とか【さかのぼって補助しちゃう】という普通ならまずありえない事がおこってます。もうバーゲンセールレベル。

まず申請にあたり事業計画を立てる必要があるので紙に書いてポイッと申請できるものではありません。

つまり時間がかかります。

そこで頭を悩ませる方も多いと思いますがそこは月間100万PVブロガー&ブログ書籍化をかました実績とライティングスキルを持つ僕におまかせくださればアドバイスなどさせていただきます。

つぎに【何の経費を補助の対象にするか?】が重要になってきます。

美容室の場合はホームページ、オンラインショップ、広告費あたりが一番わかりやすくていいと思いますし、今のタイミングを考えるとむしろ自社WEBサイトや集客ルート構築は絶対的に必要になっちゃったので、チャンスではあります。

これ本当に『意味不明』で片付けてしまうともったいなさすぎます。

あとは申請のわけわからないとこをクリアできるかどうか、申請が通るかどうかが問題です。

そこはコツがいりますが、なんとかなるでしょう。

とにかく早く動いたほうがいい。

5/15必着です!

とこのような感じでしょうか。わかっていただければ幸いです。

申請のコツ・ポイント

コツとポイント

まとめはこちら↓

パスワード入力が必要です。

パスワードについては読み進めてください。

申請のコツ

申請のコツについてですが、実は過去に2度申請を行ったことがあります。

その際に事業計画書を作りましたが、どういったものが望ましいか?などいろいろとルールはございます。

重要なポイントとしては【ストーリー性】と【具体的な数字】になってきます。

ここをどう解釈し、作り込むかによって申請が通る通らないと道がわかれていきます。

またどういった経費を補助の対象にするかも非常に大切です。

その部分においては一概に言えるものではなくお店の状況や事業内容にもよりますので話を聞いてみないことにはなんとも言えないのが正直なところです。

普段からブログ記事の添削なども行っているし、ブログやライティングに関してはプロなのでストーリー作りや読ませ方にはそれなりのアドバイスは行えると思います。

ただ最初に書いたように全員対応するのは無理なので以下サービスのいずれかを利用してくれる方に限定してアドバイスさせていただくことにしました。

先程のパスワードについても同様です。

①WEB集客サービスの利用

以前から行っている小規模店舗とフリーランス向けのWEB集客サービスを利用していただいた方には無償でアドバイスなどさせていただきます。

HPをただ作るだけでなく、美容師が美容師のために行っているサポートのため細かな要望や悩みも理解することができます。

オンラインショップの併設も料金内で行いますのでホームページ+オンラインショップが手に入りますし、その後の広告運用もサポートいたします。

広告費用1万円で26万円の売上を作った実績や、4万円の広告費で3ヶ月で150万円の売上を作った実績があります。

②オンラインコンサル

過去200人以上をコンサルした実績があります。

ZOOM、フェイスブック、ラインなどをつかったオンラインコンサルサービスを行っています。

補助金のことだけでなくWEBのこと、サロン運営のこと、集客のことなどなんでもお話ください。

自身の経験と情報をシェアしながら解決策を導き出します。

120分20000円で行っておりましたが、多くの人に利用してもらいたいのでコロナ特別料金として60分5000円にしました。

オンラインコンサル

60分5000円〜
お申込みはこちら

③オンラインサロン自給自足の村の利用

集客やマーケティングだけならず様々な情報交換を行っているグループです。自給自足の村では補助金などの最新情報も随時公開しており、限定公開記事も多数投稿しています。

まとめ

去年補助制度を利用してHPを外注したり広告費をかけたりしました。

補助金申請の際にどのようなものを補助される経費とするかで悩むと思います。

サロンや美容師さんそれぞれなのでハッキリとはわかりませんが、たぶんそこまで選択肢は多くないと思われます。

HP関連が1番わかりやすいし現実的だし効果的かなと思います。

持続化補助金そのものは毎年あるものですが、今年に限ってはコロナの影響で好条件になりました。

締切が5/15とすぐなのですが今のタイミングを逃すともう取れないってことではありません。

ただ次回がいつか?などの情報は出てません。

後回しになると補助される期間が後ろにずれていくので、お金が手元に来るタイミングも後ろにズレていきます。

また申請窓口の商工会もゴールデンウィークでお休みにはいるので混雑も予想されますし、やり直しの時間なども考えると早めに準備して計画を作っていくことをおすすめします。

また、ホームページの事だけじゃなくても今後の集客の事などはかなり考えていますし情報もだいぶ集まってきてるのでそういった事もお話できるのではないかと思います。

たとえば消費税や厚生年金の猶予なども。

WEB集客サポート、コンサル、オンラインサロンの事に関する問い合わせ・お申込みはこちらからお願いいたします。

24時間受け付けておりますので、不明なこと不安なことは事前にご相談ください。

お問い合わせ

リンククリック後に質問などをお送りください。

24時間受け付けており返信は必ず致します。

初めての方でも気軽にご相談ください。

こちらのフォームからもお申込いただけます。

  • お名前(個人名or事業者名or法人名)
  • メールアドレス
  • 電話番号

こちらを記入の上送信してください。

「cho2elite@gmail.com」のメールが受信できる状態に設定をお願いいたします。

携帯電話で受信される際はドメインの解除をお願いいたします。

ご返信がない場合は、迷惑メールではじかれている可能性がございます。

お問い合わせに関しましては順次対応させていただいております。